Unity勇者の冒険の書

Unityで学んだことや便利なものなど作ったら紹介します

【Unity勇者の日記】2日目

【2日目】

 
早速ゲームアプリを作ってみよう!
って言ってもどうすればいいんだ…?
何を作ればいいんだ…?
 
Unityを使ってゲームを作るに当たって、
Unityには向き不向きのゲームがあります。
 
正確には、作りやすいゲームと作りにくいゲームがあります。
管理人は2Dゲームしか作らないので2Dゲームで例えば…
 
【作りやすいゲーム】
・物理を使ったゲーム
・横スクロールアクション
・シューティング
・etc...
 
【作りにくいゲーム】
・マスを使ったパズルゲーム
RPG
・etc...
 
と、こんなところだと思います。
これは管理人の感覚なので、簡単だよという人はすごいと思います。
何が大変って・・・プラットフォームがAndroidってことです。
つまり、解像度がめっちゃあるんで、リサイズしないとダメなんです!|д゚)
 
解像度を固定させる方法は、色んな方々が教えてくださっています!
 
 
こちらの方々の方法を使わせて頂きながら作ってます!
個人的に初めに作るゲームはシューティングがオススメです。
シューティングなら、公式でUnityのチュートリアルとして用意してくれています。
シューティングの事だけじゃなく、ObjectPoolの事や、解像度の事、
モバイル向けの最適化やEveryPlayやiOSの事もいろいろあるのでやってみるといいと思います。
 
 
さぁ、新規プロジェクトを作成して作ってみましょう!
 
では、本日の成果発表!
・Unityで新規プロジェクトの作り方を覚えた
Lv.01→Lv.02