Unity勇者の冒険の書

Unityで学んだことや便利なものなど作ったら紹介します

【Unity勇者の奮闘記】アプリのローカライズ

皆さんのアプリ、日本だけに留まってはいませんか??

日本よりも世界の方が遥かに大きいです!!
せっかくなので作ったアプリを全世界に届けましょう!

言語の取得方法ですが、下記の方法で取得可能です。

var language= Application.systemLanguage;

enumで入っています。

string langStr = Application.systemLanguage.ToString();
Debug.Log ("言語:" + langStr);

とすることででStringで取得することが出来ます

f:id:LightGive:20151211133038p:plain

SystemLanguageの中身は

  • Afrikaans
  • Arabic
  • Basque
  • Belarusian
  • Bulgarian
  • Catalan
  • Chinese
  • Czech
  • Danish
  • Dutch
  • English
  • Estonian
  • Faroese
  • Finnish
  • French
  • German
  • Greek
  • Hebrew
  • Hugarian
  • Icelandic
  • Indonesian
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • Latvian
  • Lithuanian
  • Norwegian
  • Polish
  • Portuguese
  • Romanian
  • Russian
  • SerboCroatian
  • Slovak
  • Slovenian
  • Spanish
  • Swedish
  • Thai
  • Turkish
  • Ukrainian
  • Vietnamese
  • Unknown
  • Hungarian

と40カ国近くの言語が入っています!

string startText=゙゙:
switch (langStr){
case ゙English゙:
    startText=HelloWorld!!;
    break;

case "Japanese":
  startText=こんにちは世界!!;
    break;

case "Chinese":
  startText=你好天地!!;
    break;

case "French":
  startText=Bonjour monde!!;
    break;
}

などのようにすることで色んな言語に対応することができます!

せっかくですのでローカライズして世界にデビューしましょう!!

では('ω')